FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も行きますMemohis Tenessy 没後35年 エルビスプレスリーコンサート(2007年)


エルビスの没後30年記念コンサートから5年が経ち、今年は35周年になります。
ELVISに思いを寄せた青春を見に、8月15日のエルビスの命日に、メンフィスに行ってみることにしました。

この記事は5年前の没後30年のコンサートの時のものです。

[広告] VPS

(画面のスタートボタンを押して動画をおたのしみください。画面下部にカーソルを合わせると音量と画面サイズ調整ができます)

エルビスは中央の大きなスクリーンに登場し、昔のステージや映画などの歌うシーンを使います。往年のバックバンドやバックコーラスグループは健在で、エルビスの歌にあわせ?生演奏するわけです。コンピュータを駆使した今だからできるコンサート形式でしょう。バスケットボール競技場に集まった18000人の聴衆は、あたかもそこにエルビスが歌っているかのように反応し、歌や演奏を楽しみました。20070901160006.jpg
開演前の会場でJエルビス森泰仁(Yasumasa Mori)さん

エルビスのバンドギタリスト ジェームスバートンは一昨年日本にも公演に来て、なじみがありました。70歳を過ぎているかと思いますが、このエルビスウイークには連夜のステージを精力的にこなしていました。他のバンドメンバーも同じです。また、バックボーカルの男女それぞれ4人も年令を感じさせない歌声で、たくさんの元気をくれました。
20070901163943.jpg
大活躍だったジェームスバートンと

それにもまして、主役エルビス(どうしてエルビスだけが死んじゃったんだー)は映像で見事に復活し、往年のすばらしい歌声を聞かせてくれました。死後30年たって、いまだ36000人の聴衆(2回講演)も集め、世界から10万人のファンをその出身地に集めるエルビスは、やはり偉大なエンタテイナーだったと言えるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。