FC2ブログ

自分で作る年金

「亡くなった父が住んでいた住宅をどうしたらいいでしょう」という相 談をうけました。
「売る」「貸す」「自分が住む」の選択です。
いろいろ検討した末、 ”貸す”という選択をされました。

家は中央線沿線の駅から8分、建築後36年以上たった木造戸建て住宅でした。 大幅リフォームをするか建て替えるかの選択にも悩みました。ご自身の年令も考え、借入金なしでやりたいという希望を優先し リフォームで1階1戸、2階2戸のアパートを作る ことに しました.
20070914130750.jpg
リフォーム前の住宅

大手、不動産会社のリフォーム見積もりをとりました。2500万円でした。やむを得ず、小さなリフォームやさんに聞いてみました。1380万円でした。
心配もあったので、当社の1級建築士にもサポートをたのみました。

結果として1500万円弱で年収300万円のアパートが完成しました。20070913180455.jpg
築後36年の住宅がこんなにきれいに(もちろん室内も新築同様)

「あまり年をとってからお金を持つより、入る家賃は今のうちに積極的に楽しむために使います」と奥様。

こちらは「使うのは結構ですが、今後の修理費用などを考え、少し残しながらお使いください」とお話しています。
でも、もうすぐもらえる年金のほかに、毎月20万円以上のお金が準備できたことを、このご夫婦は心から良かったと思っていただいているようです。

今までに1500万円を準備し、ご自分の決断でこの状況をおつくりになったわけですから、単なるラッキーではありません。

私たちにできることは、いろいろな案をだすことであり、決断はどうしてもご自身にしていただかなければばなりません。

楽しい仕事でした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する