FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

74年前の祖父が編者の”子供の病気”啓蒙図書発見

宮城県石巻市に親せき(母のいとこ)を震災後初めてお見舞いに行きました(2011年4月ブログ”無事だった親せきのおじさん 参照)。

この人は僕の祖父の話題をよく出します。
持参のPCで祖父の写真をUPしたブログ(2008年5月”僕の祖父は外国人?参照)を見せようと氏名で検索しました。
そのブログURLのほかにもう1件、祖父が編者と思われる古本販売のURLが出てきたのです。

「三共製薬 啓蒙図書 編者伊庭野薫(いばのかおる)昭和14年発行 3500円」でした。
祖父と母
祖父 伊庭野薫(故人)
祖父伊庭野薫
祖父と長女(幸子 故人、僕の母)      

祖父が戦前に三共に勤めていたことは知っていたので、祖父だと確信しました。
その瞬間、ためらわず申し込み手続きをしました。
「こんな本、僕が今買わなかったら、もう誰も買わないだろう」と使命感からの行動でした。
注文を受ける古書店の人も、「買ったのはどんな人だろう」と思うかと、備考欄に”編者の孫です、僕のブログに伊庭野薫の写真と話題を載せています”と追記しました。

翌日、本を送付した旨の案内メールをいただき、「ブログを見ました、、」とコメントをいただきました。

伊庭野薫本表紙
三共製薬 厚生保健 小児科の巻 の表紙

伊庭野薫本裏書
その巻末 昭和14年 東京市 が興味深い

55年前?に他界した祖父が、74年前に編纂した本が今、小さな人の縁をつくってくれました。
お墓で手を合わせるより、ちょと素敵な供養ができたように思います。
B5版63ページの小児科の啓蒙図書は今読んでも通用するような内容で感心しました。

ご興味の向きは下の”拍手”からコメント送信してください。PDF65ページをメール添付でお送りします。もちろん無料です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。