FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「アメイジンググレース「を見ました

歌は”いい歌”として有名で、多くの歌手にうたわれています。
僕がいつも車で聞くのはエルビスプレスリーで、本当にいい曲だと感動します。

がんで亡くなった本田美奈子さんの美声も耳に残っています。
映画、天使にラブソングでも教会のゴスペルで歌われていましたっけ?
僕自身もカントリーミュージックの仲間たちと、練習してみたことがあります。

この映画から、歌の背景を知ってびっくり。
200年以上もの昔、イギリス人で奴隷貿易に従事し、後にこれを悔いて牧師となったジョン・ニュートンという人の作詞だったのです。もちろん内容はアフリカから売られた黒人たちの鎮魂歌?

この牧師に師事した若い国会議員の十数年にわたる「奴隷貿易廃止運動」がストーリーでした。

春先にもアメリカでの奴隷制度廃止にまつわる映画を見ました。
これもいい映画でしたが、やはり音楽とリンクしたストーリーは印象が深くなりますね~。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【映画「アメイジンググレース「を見ました】

歌は”いい歌”として有名で、多くの歌手にうたわれています。僕がいつも車で聞くのはエルビスプレスリーで、本当にいい曲だと感動します。がんで亡くなった本田美奈子さんの美声も耳に残っています。映画、天使にラブソングでも教会のゴスペルで歌われていましたっけ?僕...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。