FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今田竜二選手のこと

今年もVISA太平洋クラブマスターズのボランティアとして、御殿場のトーナメントにお手伝いに行きました。
例年ですが、僕の参加は水曜日のプロアマ戦から初日と2日目の3日間です。
今年は4,5日目はテレビ観戦もかなわず、ヴィデオ観戦になりました。

今年は、参加4回目となった今田竜二プロについて報告してみます。

一昨年、6番ホールの上り(グリーン回り)で待機し、出場プロにそのホールのスコアーを聞き取る係りをしました。
多くの外人選手がHow are you とか I got 4,thank you とか言葉を交わすきっかけをくれたのにくらべ、日本選手は”3”などとぶっきらぼうに答えるか、中には手の指で”3”を突き出すなど、さびしい対応が目立ちました。
その中にあって、感じがよく、目立ったのが当時17才の石川遼君と今田竜二選手でした。
”お疲れ様です、4でしたよ”とか”3でした。寒くないですか”など、外人プロと同類の言葉の交流があったからです。

さて、今年の今田竜二選手です。相変わらずラウンドの前後の練習は人一倍の量をこなし、さらに100人、200人と並んだファンには暗くなるまでサインをしているのをしばしば見かけました。

3日目のミスがひびいて惜しくも優勝を逃したのですが、試合後のインタヴューが印象的でした。
”たくさんのファンに応援してもらい、いいラウンドができました”と言っていました。
僕は思いました「あれだけのサインを4年間し続ければ、数千人のファンができて当然でしょう。その人たちを味方にして戦うんだから、、気分もいいだろうな」と。

今年、見事に優勝した石川遼選手も今田竜二選手に負けないくらいファンを大切にして戦っています。単に若くて強いから人気があるのではないと思いました。両選手の来年の活躍に期待しています。

s-今田せんししゅ
ボランティアパーティーの席でサインする今田選手

今田竜二プロ
今田プロとのツーショット ラッキー!
(写してくれた拝島さんありがとう)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。