FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すずめのカタビラ

福島県の猪苗代湖に近いボナリ高原ゴルフクラブは、”景観やコースレイアウトの良さのほかに、コースメンテナンスのズヌケタすばらしさで有名”と聞き、行く前から楽しみにしていました。

梅雨のさなかにかかわらず、お天気にもめぐまれ、聞きしに勝る手ごわいコースに翻弄され、ぼろぼろのゴルフをしてしまいました。

確かに、全体的にすばらしいコースだという印象で、プレーを終了しました。

帰り際、練習グリーンに張り付いた7~8人の人たちを見つけ、話しかけました。予想どおり、この人たちはグリーンの芝に混じって生える雑草?カタビラを抜いていたのです。1本が数ミリ幅しかないと思われる、無数に生えるカタビラを1本1本芝生の中からより分け、根気良く抜いているのです。
DSCN4070.jpg

話しているうちに、シニアーの女性たちだと思っていたこの集団は、以外に若い女性ばかりで、青年も一人入っていました。この方たちの努力で、ここのグリーンはこんなにすばらしいんだと感心しました。
DSCN4071.jpg

興味がわき、僕もカタビラの抜き方を教わりました。

翌日、他のゴルフ場で、20本ほど抜いてみました。以外に上手に抜けました。しかし、その数があまりにも多く、普段、プレーしているグリーンも、メンテナンスがこんなに大変なんだと気づかされました。

DSCN4077.jpg
翌朝6時の逆光線のグリーンに、白いボールがブルーに光って見えました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。