FC2ブログ

イタリアからの小包

7月の30日、イタリアから小包が届きました。
黄色い箱にはPOSTE Italiane の文字が、、、。

胸をときめかせて、頑丈すぎるパッケージを、もどかしく思いながら開けました。
中にはパン(ナッツケーキ)が1つと色とりどりの砂糖菓子がいっぱい。
Genoaの友人、エウジニアの短いイタリア語の手書きカードが入っていました。
理解しようにも?????? 今度ばかりはパソコンの翻訳ソフトを買う覚悟を決めました
s-2009_0803写真エウジニアのギフト 0
<ナッツケーキと砂糖菓子の数かづ>


.
s-エウジニア三平写真2009008030053
食べる前に写真を撮って、エウジニアへのお礼の気持ちをブログで見てもらうように頼みます (言葉が通じないと工夫しますねー)。

小さなギフトが、こんなに人をHAPPYにする、、、、、、。
イタリア人、西洋人、、外国の人も、けっこういいとこあるなと思いました。

僕も見習って、たくさんの人にちいさなHAPPYをあげたいと思いました。
スポンサーサイト

海からの東京湾花火

新橋、浜離宮前に新橋ボートクラブという小さなハーバーがあります。そこからマルコポーロなる遊覧船(100人のりくらい)で花火ツアーがありました。
花火の前にまず“海のパトカー”のかっこいい活動ぶりを動画でごらんください。



※左下三角の再生ボタンをクリックしてください。注意:音が出ます。


クルーズは日没を待つ間、お台場あたりを遊覧、レインボーブリッジの夕暮れなど、日ごろとはちがった角度から景色を楽しみました。s-s-海からレインボーブリッジ3

花火は語らないで、動画を見ていただきましょう。さすがに船からですと風向きにより、花火の破片(ボール紙)がぱらぱらと降り注ぐ臨場感が楽しめました。


*左下三角の再生ボタンをクリックしてください 注意:音が出ます

伊勢神宮奉納花火と根付作家、中川忠峰さん

7月末、地元友人の誘いで三重県の伊勢に行く機会がありました。れいの1000円高速を利用して、数ヶ所の渋滞にあいながら、延々片道7時間近い車の旅でした。

伊勢の奉納花火は、全国の花火士のコンテストでもあるとのことで、競い合いのすばらしさをたっぷり味わうことができました。川原にねそべって真上に上がる花火はその音の響きとあいまって、それは豪快なものでした。s-伊勢神宮花火2写真2009008030044
<伊勢神宮奉納花火の中のほんの1発>

翌日、花火をご一緒した根付作家の中川忠峰さんのアトリエによせていただきました。
根付ってご存知でしょうか。今で言えば携帯ストラップにくっついたキティーちゃんみたいなものです。昔は粋に帯やキセルなどさまざまな用途があったようです。国際的にコレクターも多く、中国の象牙を使ったものなどもあるようです。そういえば、昨年イタリアのGENOVAで訪ねたキオッゾーネ美術館(日本で初めての紙幣をデザインした人)にもたくさん展示されていたことを思い出しました。
s-作品
<小さな作品>

なんと中川さんは国際根付協会の会長さんだそうで、根付の国際的な広がりをお聞きしてびっくりしましたs-中川さん
<熱く語る 中川忠峰さん>
また、材料の木材を山から切り出すご苦労なども伺い、職人さんのこだわりと芸術家の繊細さに接することができ、ちょっとちがった観光ができました。s-自作の工具
<工具も多くは自作だそうです>

s-材料になる木
<木も自分で山から切り出すそうです>