FC2ブログ

ボランティアパーティ

プロゴルフトーナメントのVISA太平洋クラブマスターズに、ボランティアとして3日間参加しました。
前回の参加は1991年、実に17年ぶりでした。

初日、プロアマの日は楽しいことがありました。
僕の係りは”3番ホールですべてのプロから、そのホールのスコアーを聞くこと”でした。
外人プロは全米プロ優勝のT.イメルマンは”Haw are you!"などと声をかけてくれましたし、今田隆司プロや石川遼君は”ご苦労様です”と感じのいい対応振りで、感心しました。

大会初日にはポール・シーハン、甲斐慎太郎、伊澤利光につてまわり、スコアラーを務めました。18ホール、トイレに行く時間も無く、携帯端末に1打1打を入力する業務は緊張の連続でした。でも、スコアー提出が終わると、プロは「お疲れさまでした」とサインボールをくれました。

その夜は、クラブハウスでボランティアパーティーがありました。
大会ボランティア200人に大会関係者、参加プロゴルファーなど総勢300人の盛大なものでした。
僕には特別の出番が与えてもらえました。毎年、パーティーにはプロのカントリーミュージックバンドが出演しています。

ボランティアパーティー2
今年の特別企画として、クラブメンバーとボランティアから歌手2人が出ることになり、僕にその機会が与えられたのです。

歌はうまくはないのですが、僕は「歌った人が一番楽しい」と信じています。
”Fool such as I"と”You are my sunshine"の2曲を歌いました。

300人のパーティーで一番楽しんだのはやっぱり僕だったと思いました。
s-Tsunoda#1

今田隆司 T・イメルマン、宮本勝正 P・シーハン B・ジョーンズなどパーティー参加プロからギターにサインをもらいました。 
スポンサーサイト