FC2ブログ

立命館大学不動産会(リッツ不動産会)

最近、大学同窓会の不動産会をつくる流れが活発です。そのきっかけは慶応大学OBの不動産三田会の成功でした。
僕はその第2期、3期の4年間、事務局として会の世話人をしていたため、いくつかの大学の会の設立もお手伝いする機会がありました。
それから10年以上たった昨年、京都の立命館大学出身の不動産業の友人が、同じ企画(同窓会業者会をつくる)で僕に相談に見えました。

いくつかのアドバイスをし、すっかりそのことを忘れていました。
最近になって”会員も、京都、大阪を中心に150名になりました。5月の会合に話に来てくれませんか?”といわれびっくりしました。
でも、反面、”半年でそんな大きな会ができるなんてとてもすばらしい”とうれしく思いました。
不動産三田会にも報告の上、この申し出を受け、大阪にでかけました。

会場のホテルには50名以上の会員が集まりました。”同窓会不産会について思うこと”という僕としてはめすらしく真面目っぽい演題での講演となりました。

話の中身もかなりまじめに終始し、準備したいくつかのばか話は1発も発射しないで終わる、珍しい展開になりました。
でも、それはそれで自分でも情熱的に気持ちをぶつけた結果であり、会場もそれをうけとめていただいた満足感がありました。

この会と会員の皆様に、今後にたくさんの幸いがあることを祈っています。(講演レジメはリンクから会社ホームページをごらんください)
スポンサーサイト



僕の祖父は外国人?!?

母の法事で兄弟が集まりました。孫に当たる子供たちも一緒でした。当然、母の思い出話がでました。
母は、僕が子供の頃、自分の鼻が高いことを気にしていたことを思い出しました。
そして、その父親、つまり僕のおじいちゃんは、もっと外人ぽい、堀の深い、今で言えば小顔の人だったことを、その場の子供たちに話しました。
一緒に歩くと、通りすがりの人が”外人だー”と言ったりすることも聞いていました。
”東北の出身だったから、ロシアの血でも流れていたのかも、、”と僕が冗談のつもりで言いました。

祖父と母
祖父伊庭野薫(いばのかおる)

祖父伊庭野薫
祖父と母(角田幸子 65年前の写真です)
(写真復元協力 建築写真家 牧野完治さん)

すると兄が「それは可能性がある話だと聞いてるよ、、伊庭野(いばの)と言う苗字はイワノフというロシア名からきているという説がある」と言うのです。
その場の人はみな、急に自分が混血だと知らされたように感じたらしく、一瞬空気が凍りました。顔を見渡せば、どう見てもみんな日本人。なんとなく安心してどっと笑いが起こりました。
イバノはイワノフなのか!!!
「話しとしては面白い」と納得し、母の法事にいい話題だったと僕もにっこりしていました。

ついでに母、幸子の少女時代の写真もUPしておきます。

幸子少女時代
じつに80年以上、昔の写真です。