FC2ブログ

エスカレータ注意

広島へ出張の機会がありました。
久しぶりに友人とも会い、瀬戸内の魚を堪能しました。
いい思い出を作り、ご機嫌さんで品川駅に帰着。

そこで事故は起こりました。
のぼりのエスカレターで、前の段に置いたキャスター付きバッグが、動かない側壁に触れて下落、それに押されて僕は後ろに転落。
エスカレータの金属の角に後頭部を強打、、意識は失わなかったので「これは、おそらく脳内出血でおわりかな」と思いました。

駅員さん数名が駆けつけ、すぐ駅の公安員さんが数名、そのうち警察官が数名、10分後には救急隊員さんが5名くらい15人を超える人に囲まれ、駅の救護所から救急車で芝の済生会病院へ。

MRIなどでは異常がなく、割れた後頭部をホッチキスで5針縫って事なきを得ました(3か月の経過観察)。
駅のみなさん、警察官のみなさん、救急隊員のみなさん、済生会病院の先生方、たいへんお世話になりました。

傷口の写真はあまりに生々しいので、病院廊下での記念写真??を開示します。

s-エスカレータ事故
エスカレータからの転落事故後の病院で
スポンサーサイト

青春の仲間たちとの旅行

学生時代のテニス同好会仲間が新幹線の愛知県豊橋駅経由、飯田線で長野県寄り奥三河の山の温泉に集まりました。
男性10人、女性8人の2日間でした。

仲間との、時を忘れての昔話し、それぞれの興味深い人生の報告。
温泉と紅葉の山々、徳川対武田の古戦場散策、、、本当に楽しい、思い出深い旅でした。
耳も、目も、口も、からだも、心も、、存分に満足満足でした。

企画をたてたかた、人集めの努力をしたかた、現地での準備をしたかた、そして万障を押して?参加したかた、、、みんなに感謝しました。
仲間たちの人生に幸いあれ!!!

s-もえる秋8
まだまだ紅葉は燃えていました

s-sannpei 水行
少年時代のいたずら心は健在ですよ!
湯谷温泉 不動明王の滝で水行?!!!に見えますか?

30年ぶりのフルーツボート

若い頃、ハワイで”トロピカルボート”という果物ミックスをホテルで食べました。
ハーフカップに切ったパイナップルにマンゴー、パパイヤ、メロンなどのフルーツを山盛りにした豪華版で感動しました。

数年後、日本で一度作ってみた記憶がありました。

梅雨があけた先週末、スーパーでパイナップルを見て急に思いつき、また、作りたくなりました。
パイナップル、バナナ、スイカ、桃、それに色采にブルーべりーを添えました。何のことはないパイナップルをくりぬいて、他の果物とあわせ、山盛りにするだけですが、、。
久しぶりのトロピカルボート
食べきれないかと思い、パイナップルは4分の1カットにしました。
だから、見た目はボートというよりカヌーですかね~。

ちよっと楽しくなる、今年の夏のスタートでした。

サンルーム床塗装作業

夏前にぜひやっておきたかった作業に、やっと着手しました。
サンルームの床が、15年をすぎて日焼けし、汚くなっていたのです。

塗装には油性のラッカーを使いました。
刷毛は1本100円程度のものを2本用意し、使い捨てにすることにしました。

材料を買ってきたり、置いてあるものを一時移動したり、カーテンが汚れないよう束ねたり、塗装がはみ出さないよう養生テールを貼ったりという準備作業が結構面倒なのです。

本当はグラインダーで汚れた塗装を落としてから、塗るといいことはわかっていたのですが、手抜きして、古い塗装にラッカーを上塗りしますた。
サンルーム塗装作業
できばえは、こんなところ、、、
10年先にもう一度やれば、僕の責任は終わりかなー。

オレンジマーマレード

昔、作ったことがあるオレンジマーマレードを、また、作ってみようと思いました。
今回はまず、インターネットで作り方を検索。
簡単そうな、電子レンジでのレシピを採用しました。

1.夏みかん、はっさくなど適当に食べた後の皮3つ分と、ほぐした身1つ分です。ためるのに5日くらいかかりました。その間、みかんの皮は冷蔵庫で保存しました。
2.皮をブラッシで洗った後、細かくスライスしました。大きさは適当。一部は細かくするため、チョッパーにかけました。このへんはていねいなレシピに反した、乱暴な男料理?ですが。
3.皮を、1時間水にひたし、水分を取り込むようにします。
4.水をきり、身とともに重さを量ります。約400グラムありました。
5.耐熱ガラスのボールにオレンジの皮と身を入れ、その半分の量(200グラム)のグラニュー糖を加え、よく混ぜます。
6.電子レンジでまず5分加熱、様子を見ます。これを4ー5回繰り返し、皮がしっかり透き通り、水分が半減したら、加熱は終了。このやりかたも応用問題。失敗しないよう温度や時間を見ながら。
7.数時間放置して熱がとれたら出来上がり。煮沸消毒済みのビンやカップに移して冷蔵に保存します。
オレンジマーマレード


次に食べ方です。これも自分流に適当。
1.もちろんパンなどに。
2.紅茶にはレモン的に使います。
3.肉類の料理の付け合せに。
4.お茶うけに。

普段は捨ててしまうオレンジ類の皮がとても薫り高い食べものに生まれ変わることが気に入っています。



餅つき

近年、正月の数日は御殿場で過ごしています。ゴルフ場でおせちをいただき、地元のご婦人たちの協力もあり、餅つきは本格的です。僕もほんの体験的程度に杵を打ち込みます。的が大きいから、ほぼ、ナイスショットです!!!ゴルフのパッティングよりだいぶ楽!!

お台場の10分間花火

12月に入ると、クリスマス前の数週間、土曜日の8時からお台場で花火が上がります。自宅にいても、花火が始まるとビルの谷間を縫ってきたにぎやかな音が聞こえます。
あがった花火も開いた花の半分が見えたり、ビルのバラス窓に映ったりで落ち着きません。

たまらず2週目にはお台場に見物に行きました。
s-お台場花火
たった10分の花火でしたが、ベイブリッジと東京タワーを背景にすばらしいショーでした。

節電対策(自宅バージョン)

とにかく、できることからやってみることにしました。

s-日よけ
窓という窓にすだれを張りました

昨年、良く育って実をつけたごうやは、今年は施肥が悪かったせいか、葉も小さく”日陰つくり”効果はありあせんでした。

20年前のウインドウ換気扇?を引っ張り出し設置しました。
最初は動きませんでしたが、分解掃除をしてみると、快調に動きました。

もちろん、変えられる電球は全部LEDに変えました。

それらの結果、6,7月の東電のシェープアップカルテでは昨年比30%ダウンを達成しました。
電気代も数千円節約できたようです。月次ではたいした金額ではないけど、年間ではちょっとしたものです。
これからの10年を考えると、海外旅行1回分が出るかも。

それ以上に、長期的なエネギーや地球環境問題への小さな一歩だと思います。
今後の取り組みを、また、レポートします。

節電対策(事務所バージョン)

事務所では、あまり生真面目に考えないで、遊びのつもりでいろいろやってみています。
1.電気器具へのタイマー利用
2.天井蛍光灯(40W) を本数半減し、一部LEDの電気スタンドに
3.南側窓内側にプチプチ(包装用ビニール)を貼り付け
4.エアコン温度を27~28℃にし、扇風機導入
5.湯沸しポットをやめて魔法瓶に
6.8,9月はサマータイムで、8時出勤4時退社に

3月の震災後から取り組んでいます。
最近、東電のシェープアッププログラムから、昨年比のグラフをとってびっくり。

s-MX-2600FN_20110827_133228_001.jpg
5月以降は昨年比の50% 大幅節電を実現していました
(使用電力半減でも、電気代は25%減⇒”基本料金は変わらないから”だそうです。残念!画像が曲がっていて失礼)

もっともこの間、仕事の売り上げも落ちていましたが、、、ガクッツ

ブルーベリー収穫

昨年に続き、収穫は良い方でした。と、言っても木が小さいので、食べる量は毎日10から20粒。
とても、ジャムは作れません。

S今年のブルーベリー

スーパーに行けば、ごっそり売ってるから、あまり意味は無いんだけど、朝起きて、収穫するのはなんとなくうれしいものです。

シーズンの終わりにもう1本買いました。
来年が楽しみになりました。

体重グラフ

数年前から、健康管理のため、毎朝の体重を量り、グラフを書いています。
体重管理

これ自体が、どれほどの意味があるかはよくわかりませんが、やっていて気付いたことがあります。

1.ちょっと油断すると、すぐ、数日で、2キロくらい跳ね上がる。
2.2キロを減量するには、かなり気をつけても、2か月くらいかかる。
3.だから、毎日量っていると、努力しないで食べることに気を付けるようになり、楽な体重管理ができる。
と、いったことです。

それでも、時々は、36時間は野菜ジュースで過ごすダイエットなど取り入れて調整することも有ります。

基本は、筋肉を増やし、基礎代謝を上げて、太りにくい体を作ることなのでしょうが、、。
片足1.4キロの靴で通勤してかれこれ10年、下半身の筋肉はまづまづのようですが、上半身はきゃしゃなままです。
ダンベルがいいのでしょうが、続ける根気がねー。

Facebook

話題のフェースブックに登録をしてみました。基本情報の登録は15分ほどの作業でした。登録完了をクリックした途端驚きました。
思いもよらない2人の古い友人の写真が「お友達ではないですか?」の画面に登場。「友達になる」をくりっくすると、その日のうちになつかしい返信がありました。

やってみないとわからないことがこれからもたくさんありそうですが、期待が持てる登録でした。
yahooや googleで”角田三平”を検索してみてください。

八丁堀の夏祭り

東京都中央区八丁堀3丁目、僕の事務所のある場所です。

昨年末、すぐ近くから引っ越してきました。
なんと目の前が地元の天祖神社だったのです。
自然の成り行きでしょう、町内会のお世話役、お向かいの材木やサンと親しくなり、お祭りにも、お付き合い程度3000円を寄付しました。

すると、どうでしょう。すぐ、翌日に”東京マネジメントコントロールさま”と書いた表示が奉納掲示の一番下に出されたのです。
こんな立派な名札を出されるなら、もう少したくさん寄付すればよかったかな???とみんなで笑いました。
TS3C0575.jpg

町会の世話役さんたちは数日前から、みこしなどの準備に大忙しの様子でした。TS3C0570.jpg

大人みこしと子供みこしが準備され、普段、住人が少ないと思っていたオフィス街に、大勢のいなせな江戸っ子が繰り出しました。普段見かけない子供が、たくさん湧き出てきた?のも驚きでした。ご近所にはおもちの入ったお汁粉がふるまわれ、わが社の社友一同、仕事を中断してご馳走になりました。

今年のブルーベリー

なぜでしょう?
今年は大きいつぶがたくさんでき、今朝は20粒くらいを
ヨーグルトにいれて食べました。
2010年ブルーベリー


普通、ブルーベリーは2本そろえないと、実がなり難いと
ものの本には書いてあります。
昨年2本のうちの1本が枯れてしまったので、今年は実がつかない
かとあきらめていたのですが、、。
この種類は1本だけでも実をつけるようです。

「亭主はいらないけど、子供はほしい」なんて言ってる
女の子にはうらやましい能力でしょね。
究極の独身主義ですかねー。
失礼しました。

ベランダ菜園(レタスつくり)

昨年2株だけためしに作ったサニーレタスが、とてもよくできました。

味をしめて、今年は8株に増やしました。
6日間のラスベガス旅行の出発の朝、レタスをつんつるてんになるまで収穫し、食べました

出発前のサニーレタス
乾燥しないよう、自動給水機をセットして出かけました

散水機
朝夕3分づつスプリンクラーに水がまわるよセットできる散水装置です

帰国時のレタス
帰国後には、はっぱがたくさんついたレタスと再会することができました

タイマー散水機
これを買ってから、旅行をしても作物を枯らさなくなりました

マウナケア星空ツアー 4200メートルの山頂から

4200メートルのマウナケア山頂は、はるかに雲の上、澄んだ夜空の満天の星は神秘の世界。あまりの絢爛の世界に表現の仕方を忘れさせる感動でした。
これまで、写真中心のブログを書いてきた僕ですが、この世界だけはあまりに荘厳で、写真にする術べを持ち合わせないと思いました。

2月中旬、ハワイ島ゴルフ旅行中、星空を見るツアーに参加したのです。
12人乗りの小さいがすごい馬力のバスに、星空案内人はツアーガイド兼運転手のディーンさん(日系人)でした。
乗客は僕の仲間が6人とほかに6人の満席。
S-マウナケア山頂とバス
山頂の天文台には夕日がバスを投影

一般のツアー客で、バスの前の席にいた若い日本人は、妻子をホテルに残しての一人参加、小野寺さんという方でした。彼は天体観測が生きがいという、変わった?国際ビジネスマン(中国 武官在住)だということがわかりました。

s-4200メートルの日没

神秘的とも言える雲の上の日没を楽しむと、後は漆黒の世界。
頂上付近には日本のスバル望遠鏡をはじめ世界の天体観測所があるため、バスはライトを点灯せず数百メートルをゆっくりと下山。そこで、バスを止めディーンさんは反射望遠鏡を組み立てはじめました。

暗闇の中での作業に手間取り、なかなか組み立てが進みません。
僕は「小野寺さん、出番ですよー」と叫びました。
「ここで手伝わないでどうするんですか」半ば強制的にボランティアに借り出しました。
小野寺さんも、ハワイの山で望遠鏡の組み立てに参加できるとは、思っていなかったのでしょう。
嬉々としてこの作業を手伝い、反射望遠鏡と、大きな双眼鏡を組み立てました。

お二人に星座の位置や、名前の由来、ギリシャ神話などを教えていただきながら、はるかな宇宙を覗き、移動する人工衛星や、時に飛び交う流れ星のロマンに、夢の時を過ごしました。寒かったけど、本当に幸せなひと時でした。お世話いただいたお二人はもちろん、ツアーでご一緒した皆さん、ありがとう。(小野寺さんご連絡をお待ちしています)

俗人の僕にも、こんな知的な楽しみができることを知ったのも、うれしい発見でした。
S-DSCN3639.jpg

小野寺秀徳さんとディーンさん

朝ごはん

秋口の野菜を群馬の知人からいただきました。新鮮なやさい君たちは、僕の格好の朝ごはん素材です。ここ数年続いている朝食作りを、再度レポートしておきましょう。でんぷん質をとらないでも、おなかいっぱいになります。(日曜以外は必ず、自分で作ります)

DSCN3239.jpg
いただいたやさい君たち

DSCN3244.jpg
ドレッシングは黒酢とオリーブオイルに、既製品のドレッシング少々で味付け

DSCN3236.jpg
にんじんは電子レンジで1分、まずドレッシングのかき混ぜ役に、、

DSCN3237.jpg
続いて5~8種の生野菜をボールに投げ込み、ドレッシングとあわせます

20070901153901.jpg
これをこのまま、全部たべます。
ほかには、緑茶、紅茶と果物3~4種を少しづつ

イタリアンな感性

昨年末、ジェノヴァ(イタリア)の友人エウジェニアを訪ねました。
最近になってその娘エレナが、写真をメール添付で送ってくれました。
そのうちの1枚は白黒写真に変換してきました。
とても新鮮な印象でした。
三平白黒写真
やはりイタリア人は芸術家なんだなと思いました

僕の忘れ物ランキング

2009年4月、新しい忘れ物事件が発生。
過去BLOGに追加することにしました。
カテゴリーは(見つかったとき)感動した順 で、ランクはそのトップと言っていいでしょう。
今回は、感動した度順のトップにその写真と一緒に追加記入しておきます。

(忘れ物との再会で)感動した順
1.東京駅近くの路上にビジネス用バッグを2時間
2009年4月の出来事です。中央区京橋といえば東京駅にも歩ける、日本のど真ん中。
財布、カード、書類、ディジカメなどなど、片時も放せないものがはいった皮かばんを紛失しました。
地下鉄泉岳寺駅を降りたとき、かばんが無いことに気づいたのです。すぐ、駅員さんに、乗ってきた列車の話をして、先の駅で電車を調べてもらいました。しばらく待って、いろんな駅に電話をして、調べてもらいました。最後に、”もしや”と思って乗車駅に戻ったときには2時間を過ぎていました。やはりありません。もう一度、”もしや”と思って階段を上がり、駅上に出ました。自転車を路上駐車してきたからです。自転車に戻ったとき、奇跡を見ました。
忘れたかばん
大都会の駅上ですよ。よく、誰も持っていかなかったと、不思議に思いました。大都会の人の無関心のおかげ?でしょうか。失ったのは2時間の時間だけでした。

(以上今回追加分)

(以下本文)
*********

子供の頃から僕の忘れ物は札付き!
成人してからの忘れ物を、ランクアップしてみました。

大きいもの順 3例
ドッキリ度順 3例
感動した順  3例⇒4例
恥ずかしかった順 1例+?

さてその詳細は?

続きを読む »

6年ぶりのイタリア~家庭のパスタ・レストランのパスタ~

家庭訪問でご馳走になった料理のうち、パスタだけ、写真をとらせてもらいました。レストランのパスタとあわせて5点です。

s-パスタ1
GENOVAの友人Angelo Martinengo宅のパスタ(ストラッチ) ソースはジェノヴァスペシャル

s-パスタ2
このパスタ(パッパルデッレ)はレストランのもの 

s-パスタ6
これはGenova郊外の田舎でいただいたパスタ(ピチ)

s-パスタ5
Genovaの友人 エウジニアのランチでいただいたパスタ(ピチ)。 お皿の向こうに転がっている灰色の塊は「石ころ」と呼ばれるパンでめちゃくちゃ硬い。食べ残しは半分でも全部回収し、次にとっておきます(イタリアの習慣でしょう。いい習慣ですね)。

s-パスタ3
エウジニアとエレナ 家庭料理はどこも温かい

6年ぶりのイタリア~その他写真展~

観光写真ではない、旅行写真を選んでみました。

s-Gモデルのワンコウ
アンジェロの夕食会に来たお隣さんのワンコウ

s-G CLAUDIO MARTINENGOの作品
上のワンコウをモデルにした、CLAUDIO MARTINENGOの作品(絵)

s-マルティネンゴファミリー
絵画家、クラウディオ・マルティネンゴ(左から4人目)とファミリー 左の壁も彼の作品

s-G GENOVAの不動産やさん
PIAZA APRIRE の不動産やさん 物件図面の記載は記事的なコメント お店全体の作りもおしゃれでした

s-Gモン手ロッソでみた分別ゴミ捨て場
チンクエテーレのひとつモンテロッソの分別ゴミ捨て場 村全体も、ととも清潔でした

s-G 落日
チンクエテーレからの帰り、海岸戦を走る列車からの地中海の落日

s-G大理石鉱山
列車から見えたPISA近く山 「雪じゃないよ、大理石の石切り場だよ」と地元のおじさんが説明してくれました

6年ぶりのイタリア~FIRENZE街角風景~

s-F4-ミケランジェロ広場から
ミケランジェロ広場:この丘に行くといつも同じアングルで写真を撮ります。人を小さく入れた記念写真がお気に入りです。

s-F5-ミケランジェロ広場の鍵
同じ場所の柵にたくさん鍵がついていることに、今回、初めて気づきました。恋人達の記念かな?だとすると、落書きよりずっとすてきですね。

s-F6シエナバイクパーク
仕事でバイク駐車場を経営しているので、イタリアバイク事情が気になりました。シエナの城壁の外なのでしょうか?環境保全で、これ以上は、中に入れない場所のようです。

s-F7-シエナの広場の石畳
有名なシエナ、カンポ広場のレンガ畳です。写真にしてみると、やはりイタリア人はセンスがいいと思いました。

s-F8-これって進んでませんか?
フィレンツエのタクシーメーターです。これって、進んでいませんか?日本だって技術的には可能でしょう。でも、役所の規制で、新しい動きがとれないのでしょう。

s-F9-お祭り?ではなく農家のデモ行進
お祭りかと思うほど、派手でにぎやかでした。実際には、農産物自由化に反対する農民の抗議デモ。霞ヶ関で見かける農協さんのデモと比較してしまいました。

丸子小学校梅組クラス会

久しぶりに小学校のクラス仲間20人が、長野県、小諸の温泉で集まりました。
残念ながら、みんなが慕っていた担任の先生(音楽指導に情熱を燃やした川口等先生)は昨年他界され、先生のいない初めてのクラス会になりました。

当日、友人の一人が、上田駅に迎えてくれ、川口先生のお墓参りにつきあってくれました。
その足で、病気で少しからだが不自由になった女の子?を迎えに行きました。

宿では、小学校の時と同じ笑顔がそろい、それはそれは心温まる時間をすごすことができました。
5年生のはじめに編入し、6年生の後半まで、2年足らずしかいなかった僕ですが、1年生から6年間のクラスメートだった仲間と全く同じ友人として迎えてくれるみんなに、いつも感謝しています。

梅組クラス会
絵が好きだった磯君の最近の作品を前に記念撮影

梅組みのみんな、ありがとう。信州での子供時代の思い出と、今の梅組の仲間は僕の宝物です。

春先の軽井沢

不動産物件の仲介業務、カントリーミュージックのフェスティバル、そしていつものゴルフと、4月は3回の軽井沢行きが実現しました。

近年、いつも思うことですが、昔は4月にゴルフをしようなんて思えない程度に寒かったものです。それが最近は、陽だまりで暖かすぎることさえあり、今回もゴルフの途中、半そでになった時間さえありました。

反面、4月29日には北軽井沢一帯で雪が降ったという話も聞きましたし、コースの一部に残り雪もありました。
日本全体がそうですが、四季や寒暖の差があるのは楽しいことですね。

4月末の浅間
4月の浅間山

カラマツは芽生えが遅い
4月のカラマツ林

ピロリ菌の除菌

胃腸系の発ガン率をかなり下げられると聞き、数年前いちど行いました。
やった後の胃のX線写真は、その前と比べ物にならない,きれいなものでした。
(やる前はビランといわれる白い線がいっぱい見えました)
確かに、胃がんの可能性が極めて少なくなったように思えました。

今年の検査ではまた、ビランが増え、ピロリ菌の検査でも陽性でした。
通常、一度除菌すると30年は大丈夫なのだそうです。
なのに、こんなことが起こったのは、僕が前回の除菌で、抗生物質を何回も飲み忘れたためだったようです。
ピロリ菌

今回は、2日目の朝昼用の2回を忘れただけで、今日、無事??完了しました。

次は白癬菌(水虫などのカビ)の除菌に挑戦します。
血液中にこれが入り込んでいると、内臓などにも良くないそうですので。

身体のなかのばい菌をやっつけるのは、この2種類だけにしておきます。
あとのばい菌君たちとは,これからも仲良くつきあうつもりです。

ベトナム街角3景

2008年2月13日から18日、業界の仲間5人とホーチミン市に行きました。
ベトナムは日本と同じ南北に細長い、人口8千万人の社会主義の国です。
朝の市場に行ってみました。
朝市の食堂

食べものの店、雑貨、衣類の店がものすごいエネルギーを発していました。

坪??百万円

不動産市況は思いのほかの高値、この街角で、坪700万円(49年借地権)に驚きました。
(市民の月給は2、3万円だと聞かされると、なおのこと、、、)

ホーチミン市には地下鉄がありません。
バスもありますが、市民の足は圧倒的にバイク。
このバイクの流れはとどまるところを知らず、ブロックをぐるぐる回っているかと思うほどでした。

画面左下の丸いマークをクリックして動画をお楽しみください。(音がでます)

金沢"いしや"のこと

白川郷のライトアップを見にゆきました。
白河郷2

帰りに金沢に寄り、学生時代のクラスメートをたづねました。
都合のいいことに、彼は有名料理店のオウナー板前なのです。訪ねるということは、おいしいものを食べに行くと同じ意味でした。

20年ぶりくらいに店に行き、びっくりしました。昔はカウンターが主体のにぎやかな料理屋でした。2年前に大改装をしたという店は、それはそれはおしゃれで素敵な店に変身していました。
魚料理が主体の店ですが、その魚へのこだわりは並みではなく、本当にここに来て良かったと思わせてくれる内容でした。料金もきわめて普通で助かりました。いいものを安く出すという伝統(創業142年目)のこだわりは5代目の友人にも受け継がれた経営方針と言うか、職人のこだわりなのでしょうか。

閉店間際に行ったおかげで彼も板場を離れ、仕事、健康、遊びなどなど話題に花が咲き、楽しいひと時を過ごすことができました。
今年もシーズン終わりになって、おいしい蟹にありつけたのは幸せでした。こういう店が長く続く金沢という町は”本物だな”と思いました。
宮川夫妻2
いしや 5代目当主 宮川くん夫妻

イルミネーションめぐり

年末になると東京はイルミネーションの街と化します。特にここ数年、青色ダイオードの普及でその表現力も一段と高まりをみせ見る人を楽しませてくれています。
僕は例年、いろいろなところを見て回ります。今年は車で回らず、電車と徒歩で、じっくり楽しみました。

1.日比谷公園の東京都の作品は、都知事などが参加し、大きさで評判になりたいへんな人出でした。丸の内の街路にはパンジーを20万鉢?使ったとかの花のライトアップで、日比谷公園とはしごをする人でごった返しました。(いい写真が撮れませんでした)

2.品川プリンスから高輪プリンスへ。いまや普通のイルミネーションですが、静かに楽しめました。
高輪プリンス

3.カレッタ汐留では11月30日(金)~12月25日(火)までの26日間、“海”のクリスマスイルミネーションと題し、雅楽師で作曲家の東儀秀樹氏のプロデユースによるものでした。30万球にの光の粒が、雄大な大海原“BLUE OCEAN”を色鮮やかに表現していました。音楽とともに点滅するいるイルミネーションは格別でした。黄色いフレーム右のボタンをクリックして動画(音あり)を見てください

3.お台場はあちこちに有るのですが、中心が定まらず、写真はパレットタウンの中です。
お台場

4.六本木ヒルズ、六本木ミッドタウンや恵比寿ガーデンプレースの見物は、今年は省略しました。

熱海の花火(日帰り)

有名ですね。
冬もやっていることを知っている人は多くありません。
今年(2007年)の12月は3日、9日。23日の日曜日にありました。
花火好きの僕は昨年に続き、今年も行きました。
なんと言ってもヨットハーバーのひな壇に座り、目の前300メートルの堤防からがんがんあがる迫力は、なかなかのものです。(画面下のバー左端の三角マークをクリックしてスタート。右よりのバーで音量調節)
打ち上げ時間は30分足らずですが、これはこれでとっても楽しめます。いろいろ言うより、動画を見て、そして行ってみてください。
続きを見るの後に、情報を書いていおきましょう。

続きを読む »

三平商会炎上

と言っても僕の会社が焼けたわけではありません。僕の事務所から300メートルのところ、昭和通りに面した会社が火災になりました。
毎日、通勤で使う都営地下鉄宝町駅上にある古い木造建物です。三平商会の火事
炎は見えませんでしたが、ビルの間から立ち上る煙はすごく、数機のヘリコプターの騒音が、火災の大きさを示していました。
混乱や危険を考え、見に行くことは自粛しましたが、帰りにまだくすぶる現場を覗きました。.

焼けたのは松下電器の東京進出時の最初の代理店だった会社(行きつけの中華やのおやじが、TVのインタビューでそう言ってました)で”三平商会”、僕と同じ名前でした。僕も気をつけなくちゃー
三平商会翌日の検証

翌日の検証